ヒビノクラシヲ

日々の暮らしを綴ります

七夕の夜に思うこと

こんにちは サワミです。


一日中雨が降っていましたね。
日曜日なのでゆっくり目覚めてベッドでぼーっとしながら『雨降ってんなぁ』と朝イチからぼんやりそんな事を思いました。


全国的にはどうだったんでしょう?何の確認もなく情報も入れてないので分かんないです。
おそらく日本全国雨な気がする。どーかな?

7月7日

7月7日。
七夕ですね。
短冊に願いを込めましたか?


まぁ、大人になるとそんな事もないですかね。
私も最後の短冊なんて幼稚園で飾った記憶があるくらい。なんとなく覚えてます。

イベント

私の住む市内では毎年近所のスーパー近くに、市内の保育所から短冊のかざられた竹が集められ飾られます。


それをみると、あーーまたこの季節だなぁと暑い夏がやってくるなぁと、実感するのですが。


あれ?
最近そのスーパー寄ったけど七夕飾りが無かったな。何故でしょう?止めちゃったのかな?
連日の雨続きで今年は中止にしたのかな?

残念な私

記事書き始めて、今年は飾られて無かったことに気付きました。
毎年ある風景を気付かないなんて、なんの意識もしてない生活送ってるなぁ。


飾りが無いことも残念ですが、それに気付かない私はもっと残念です。


と、そんな事を今感じていたわけですが。

七夕の夜に思い出したこと

他にも思い出した事があって。
七夕と言えば、うちの田舎では旧暦に行われます。
幼稚園や小学校では7月7日として行われていたような記憶もあるのですが、むかーし親が言っていたのは『ここでは本来は旧暦でやるものだ』と。


旧暦の七夕は、約1ヶ月後くらい。
でも、実家でそんなイベントをやることも無かったので、そう言われてただけかも。


実家の裏の山が竹藪だったので、幼稚園時代の私は『家には竹がたくさんある!』と自慢をしたのか?
幼稚園のイベントで実家の裏に、短冊飾り用の竹を取りにくるって言う、今思うとあり得ない出来事もありました。それがなんとなく覚えている七夕の記憶。


そんな感じで実家の事を思い出していました。
母親は19年前に亡くなり、実家には年老いた父親だけ。近くに兄が住んでいます。近所に親戚もいますよ。


その父親ですが、もう2年以上連絡を取っていません。何故かと言われると大きい理由もなく、仲が悪いかと言うと、まぁ実際良い事はなく。

『親を大事にする』と言う感覚は持ち得てます。
実際できてないだけで。
とまぁ、ど田舎から出てきた者は、なんかしらの思いもあり私の様な人もいるかもしれません。


この間、変な経由で父親の写真が送られてきました。いとこ→おば→姉→私。
懐かしい田舎の風景です。
この10年、3回しか帰ってませんからね。ホントに懐かしいです。

七夕の夜に思うこと

織姫も彦星もごめんなさい。アラフォーになって、あなたたちの想いは全く何にも胸はぐっとならなかったんだけど、久しぶりに実家の事を考えてすこーし胸が痛くなりました。


あー、電話するかな。


ま、そんな事を思ったのでした。
これ、40歳を迎えるまでの1ヶ月の間にやることに追加します。


・今月中に実家に電話をする


本当は1ヶ月400捨てチャレンジの記事を書いてました。7月7日と入力して、七夕だと思い出して、色々考えてしまいました。


さらに、またもう1つ思い出した!
息子が低学年だったかな?とにかく小さい頃、昔書いた短冊、、、


【ずっと健康でくらせますように】


低学年の子供が何を思って書いた短冊だろう


最後までお読みくださりありがとうごさいました。